女性におすすめ バランスボードで運動不足解消

¥1,837
  
およそ到着まで10日〜3週間かかります。
詳しくはこちらをご確認下さい。

 フィットネス器具「バランスボード」の特徴

フィットネス器具「バランスボード」の特徴

※慣れるまでは1人でやらずに補助ありで安全に行いましょう。


 厚いボード設計で壊れにくい!

こちらの木でできたバランスボードは、とても丈夫に作られています。


天板の上から地面に接するまでの長さはなんと8cmもあります。


そのため壊れにくく、安定していているので安心して使い続けることができます。


 滑り止め付きで初心者にもおすすめ

バランスボードはボードと足の裏が接触する部分に大きな力が加わります。


このバランスボードはヤスリのような素材が、天板に貼り付けられているので滑らずにフィットネスを行うことが可能。


滑って転んでしまうと、大きな怪我につながりかねないのでこの点でも非常に安心することができます。


 これ一台で複数箇所を鍛える

バランスボードを使って、鍛えられる部分は一箇所ではありません。


足で乗ったり、腕立てのように手で使ったりすることもできます。


 耐荷重はなんと250kg!

ダイエットをする方は、体重が気になるという方も多いと思います。


このバランスボードは250 kg まで耐えられる構造になっており、よほど肥満体型でない限り使うことができます。


ただし危険ですので、2人以上で使うことはやめましょう。


 「バランスボード」の概要

「バランスボード」の概要

 

ブランド名/型番

CANGULU / C-2010

価格

¥1,837

商品名

バランスボード

サイズ

39.5 x 8 cm

耐荷重

250kg

使用用途

フィットネス


「やっぱり運動不足って身体に悪い?」

「やっぱり運動不足って身体に悪い?」

 女性向けフィットネス器具「バランスボード」で運動不足解消

バランスボードはダンベルなどのように激しい運動を伴わないので、運動経験があまり多くない女性の方などにもオススメです 。


気軽に始められて、簡単に行うことができます。


何よりも運動は継続が一番大切ですので、その点でもバランスボールはおすすめです。


 若い人こそ運動を

運動不足は年配の方だけの問題ではありません。


10代20代で運動をあまりしないと、将来骨粗鬆症などの病気にかかる確率が高くなります。


適度な運動で、骨に負荷をかけることにより、丈夫な骨を作ることができます。


 自宅でフィットネス器具「バランスボード」を!

自宅でフィットネス器具「バランスボード」を!

 自宅の狭いスペースで毎日15分の運動習慣を!

まずは1日15分を目安に、このバランスボードを行いましょう。


1週間後には、体が鍛えられ、電車などに乗ってもフラフラせずに安定する感覚がわかると思います。


さらに姿勢も良くなり、代謝も良くなります。


 サッとしまえるサイズ

フィットネス機器などの多くは、置くスペースを考えなければなりません このバランスボードは少しのスペースさえあれば行うことができます。


本体サイズは直径予約40cmとコンパクトです。


違う時も壁に立てかけておくか、収納にサッとしまえるサイズですので邪魔になりません。


 バランスボードで鍛えられる部位は?

バランスボードで鍛えられる部位は?

 全身に効くバランスボード

バランスボードで鍛えられる部分は、体幹だけではありません。


スクワットのように使えば、お尻や太もも 、ふくらはぎ、背中など多くの部位を鍛えることができます。


 バランスボード使いこなすコツを紹介!

初めは難しいバランスボードですが、上手になるためのコツがあります。


それはお腹に力を入れること。


お腹に力を入れることにより、体が安定して上手にバランスを取れるようになります。


「バランスボード」を使ったトレーニングメニュー

「バランスボード」を使ったトレーニングメニュー

 片足バランス

バランスボードの上に片足で立ちます。浮いているほうの足は後ろに。


この姿勢を30秒間キープします。


次に反対の足で立ち、また 30秒間キープします。


慣れてきたら足を前に出したりする上級編もあります。


 上半身回転

少し慣れてきたら、上半身をひねってみましょう。


左右に可能な限り上半身をまわし、体幹を鍛えます。


できるなら、片足でもやってみましょう。


 バランス腕立て

大胸筋や肩の筋肉も、 体幹を鍛えながら行うことができます。


バランスボードの上に両手を置き、腕立てをするだけです。


回数はまず10回前後から始めて、ようでしたら数をどんどん増やしていきましょう。

バランスボードで鍛えられる部位は?