廃棄まで考慮された環境保護素材使用の「2way 歯ブラシスタンド」

¥2,222
  
およそ到着まで10日〜3週間かかります。
詳しくはこちらをご確認下さい。

エコ素材歯ブラシスタンド

地球温暖化への危機感から、球環境保全に向けての取り組みが世界各地で活発におこなわれており、私たちの日常生活においても高い意識が求められています。

特にプラスチック製品に関しては、エコロジーの面からも新しい素材での製品開発が盛んにおこなわれており、燃やしても有毒ガスを発生しないなど自然素材への見直しがされていますね。

今回ご紹介する商品は、環境に優しい素材で作られた『2way歯ブラシスタンド』です。


「2way 歯ブラシスタンド」の特徴

「2way 歯ブラシスタンド」の特徴

 

この『2way歯ブラシスタンド』はなんと、麦わらで作られています。

100%の天然素材であるため環境に優しい商品として注目を集めています。

勿論、デザイン性にもこだわっているので、きっとあなたのお気に入りになること思います。


 スタンドとコップの2Way仕様

この『2way歯ブラシスタンド』は歯ブラシスタンドとうがいコップの2wayでの使用ができます。何かとごちゃごちゃしがちな洗面周りをスッキリ整理できますね。シンプルなデザインはより洗練された空間にもピッタリとマッチすることでしょう。


 天然素材を使っているから環境に優しい

この製品は一見それとは見えないかもしれませんが、100%の天然麦わらでできています。

特殊な製造法で作られているため、水漏れや破損の心配は全くありません。あの

廃棄の際にも有害なガスを出すこともないので、まさにエコロジーな商品といえるでしょう。


 底抜けで水滴を溜めず清潔に保管

底抜けで水滴を溜めず清潔に保管

 

一般的に販売されているプラスチック製の歯ブラシスタンドは底に水が溜まりやすく、菌の繁殖も起こりやすくなってきます。この『2way歯ブラシスタンド』は底が抜けているため水が溜まることはなく、歯ブラシを清潔に保つことができるのです。

 

「2way 歯ブラシスタンド」の概要

「2way 歯ブラシスタンド」の概要

 

それでは、『2way歯ブラシスタンド』についてご紹介させていただきます。

この商品は、普段は歯ブラシスタンドとして、歯磨きの時にはうがい用のコップとして使用することができます。素材が100%の天然素材である麦を特殊加工しており、水漏れの心配もなく、軽くて丈夫な作りとなっています。

天然素材のため、廃棄のときにも有毒ガスを発生させることがなく、環境にも配慮した商品となっています。


商品名

2way 歯ブラシスタンド

価格

¥2,222

サイズ

80 x 75 x 118mm

カラー

小麦色

重量

75g

容量

300ml


 歯ブラシスタンドには菌がたまりやすい

歯ブラシスタンドには、意外と菌が繁殖しやすいことをご存知でしょうか。

常に水が溜まりやすく、乾くことがないために雑菌の繁殖にとっては好条件といえます。定期的にきれいに洗浄する必要があるのですが、見落としがちなので気をつけなくてはなりません。


 歯ブラシに菌がたまる理由

歯についてしまった食べかすや、口腔内の汚れをキレイにし、健康な歯を作るために毎日頑張ってくれる歯ブラシ。その歯ブラシにはなんと一億個以上の菌が付着しているそう。

当然この歯ブラシをキレイに乾かすことなく、濡れたままにしておくと、菌がますます増えてしまうのです。

それに気づかずに、口にいれてしまうことを想像しただけで、ちょっと怖いですよね。


 歯ブラシを清潔に保つなら「2way 歯ブラシスタンド」

では、歯ブラシを清潔に保つためにはどうしたらよいのでしょうか。

大切なのは使用後に流水できれいにすすいだ後、きちんと乾燥させるということが重要です。『2way歯ブラシスタンド』であれば、それができるのです。


 

 使い方

この『2way歯ブラシスタンド』は普段は底面を上にすることで、歯ブラシスタンドとして使用し、歯磨きの際にはひっくり返してうがいコップとして使うことができます。このため水滴が底に残らず、常に乾燥した状態をキープすることができるのです。

また、-20℃から120℃の温度に対応することができます。 

こうしている今も、少しずつ地球の温暖化はすすんでいます。

温暖化が原因とされている異常気象も世界各地で猛威をふるっています。

あれほど、地球の恩恵を受けてきた私たちができるのは、ただ地球を苦しめることだけなのでしょうか。

何もしなければ、何も変わることはありません。

この『2way歯ブラシスタンド』はそんな思いから生まれた新しいタイプの商品です。

是非、あなたも手に取って、地球のために出来ることを、まずはここから考えてみませんか。